社会
新型コロナウイルス感染症

那覇市の保育園・学童でクラスター 職員、園児ら5人が新型コロナ感染

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 那覇市は4日、市内の認可保育園と同園が運営する放課後児童クラブ(学童保育)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。同日午前9時現在で職員3人、園児1人、学童に通う児童1人の計5人の感染が確認されている。この保育園と学童は12月26日から臨時休業し、年末年始休を経て4日に再開した。

 最初に職員1人の感染が12月26日に確認された。感染経路は園と関係のない会食。その後、感染者が増え、31日に保健所がクラスターだと確認した。全職員と濃厚接触者の子どもたちが検査を受け、一部はまだ結果が出ていないという。状況などによって再度、臨時休業をする可能性もある。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス