社会

小学校で101.7デシベル記録 嘉手納基地の米軍機騒音 電車が通るガード下並み

緊急着陸したFA18Dホーネット=6日午前11時44分、米軍嘉手納基地(読者提供)

 【中部】米軍嘉手納基地周辺で6日、100デシベルを超える騒音が発生した。県が沖縄市立コザ小学校に設置している測定器で同日午前11時37分、101.7デシベルを記録した。市には、同時間帯に「戦闘機が低空飛行で飛んでいて、うるさい」と苦情が寄せられた。

 同基地では、昨年12月から同飛行場に滞在している米海兵隊岩国基地所属のFA18Dホーネットが同日、緊急着陸した。目撃者によると、同機体は午前11時半ごろに離陸したが、前脚が機体内部に収納されず、同44分ごろに南滑走路に着陸。その後、誘導路に移動し、整備士などが機体を点検したという。点検後は自走で駐機場へ戻った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス