社会

宮古島市と石垣市を時短要請の対象に 那覇市などの時短は31日まで延長 1都3県との往来自粛も検討

沖縄県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的にした午後10時までの営業時間短縮について、沖縄県が新たに宮古島市と石垣市も対象とする方針を固めたことが8日、分かった。関係者が明らかにした。8日午後3時からの対策本部会議で正式決定する。県は那覇市など5市の飲食店や遊興施設に要請している。

 現在、11日までの時短営業を求めている那覇市、浦添市、沖縄市、宜野湾市、名護市への要請期間も延長する。新たな期間は12~31日で、全日程で要請に応じた事業者には協力金80万円が支払われる予定。

 併せて東京都など緊急事態宣言が発令されている1都3県との不要不急の往来の自粛も呼び掛ける見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス