社会

名護市で梅の花が開花 最高気温14度 例年より低く

梅の花が咲き、花見客も訪れている=12日午後、名護市源河のオーシッタイ(新里圭蔵撮影)

 名護市源河の通称オーシッタイ(大湿帯)で梅の花が咲き始めた。今月中旬から下旬にかけ、見ごろを迎える。

 梅はタイワンコウメで集落入り口から約500メートルの沿道に100本余が植えられている。花見客が時折訪れ、白い花をめでたり、スマートフォンで写真を撮ったりしていた。

 この日の名護市の最高気温は14・7度で例年より4・8度低く、ひんやりした1日となった。沖縄気象台によると、沖縄地方は今後1週間、前半は高気圧に覆われおおむね晴れるが、後半は気圧の谷や寒気の影響で曇りの日が多くなる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス