政治

玉城知事、沖縄への緊急事態宣言発令要請「慎重に」 往来自粛は明言なし

玉城デニー知事

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言が、首都圏4都県に加えて関西、中部、九州の7府県の計11都府県に拡大されたことを受け、玉城デニー知事は13日、政府に沖縄県にも発令を要請するかどうかについて「拡大指定された地域の影響も見ながら全国知事会でも議論して、慎重かつ迅速に対応したい」との見解を示した。市長選挙の応援で入った宮古島市で記者団の質問に答えた。

 玉城知事は「本来なら限定的ではなく一緒にやらないと効果は出ない。だが、4月の緊急事態宣言時のように一斉に止めると大きな影響が出る。慎重に対応せざるを得ない」と語った。

 また拡大された11都府県から沖縄県への往来自粛については「14日のコロナ対策本部会議でそういった提案が出るだろう」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス