社会
新型コロナウイルス感染症

コロナ禍の挙式 応援 中止のカップル10組にプレゼント

結婚式で親族や親戚から祝福を受ける與那原拓弥さん(中央左)と與那原愛香さん=16日、糸満市西崎のサザンビーチホテル&リゾート沖縄

 【糸満】「これからも末永くよろしくお願いします」―。糸満市西崎のサザンビーチホテル&リゾート沖縄で16日、小さな結婚式が開かれた。式には親族ら31人が参加し、目を潤ませながら新郎新婦の晴れ姿に感激していた。

 結婚式はコロナ禍で式をキャンセルしたカップルに10組限定で小さな結婚式をプレゼントしようと「ちゅら婚ラボ」(宜野湾市)と「小さな結婚式 沖縄店」(糸満市)が企画した。

 この日式を挙げたのは結婚10年目の與那原拓弥さん(28)と愛香さん(28)。昨年11月、式と披露宴を催す予定だったが、コロナ禍で中止を余儀なくされた。しかし愛香さんの父が末期がんを患ったため、元気なうちに開きたいと同企画に応募し、晴れの日を迎えた。

 挙式は座席の間隔を空けるなど、感染対策を講じて実施した。拓弥さんと愛香さんは、長男の奨也さん(10)と長女の愛弥(あや)さん(8)、次男の悠矢ちゃん(6)と一緒に愛を誓い合った。愛香さんの父は体調不良のため出席はかなわなかったが、愛香さんは「両親や親族に感謝の気持ちを伝えることができた」と喜びの表情を浮かべた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス