くらし

海中道路「海の駅」の出雲会館、管理者指定取り消しへ うるま市「指示違反あった」

店舗「あやはし」が入居する「海の駅あやはし館」= 2020年4月1日、うるま市与那城

 【うるま】うるま市与那城の「海の駅あやはし館」で、特産品などを販売する「あやはし」が昨年4月以降、施設の使用許可が受けられないまま営業を続けている問題で、うるま市は14日、使用を不許可とした指定管理者「出雲会館沖縄」の指定を2月28日付で取り消すと通知した。3月以降は市が直営で管理する。

 出雲会館は施設の使い方など認識の食い違いから、入居企業「あやはし」の4月以降の施設使用を許可しなかった。

 市は、出雲会館の指定を取り消す理由として「不適切な施設管理や多数の指示違反などの事案があった」と説明している。

 出雲会館は今回の取り消し通知を受け「(退去までの)スケジュールが強行的で、ひどすぎる対応だ。行政不服審査請求や訴訟などを検討したい」と話した。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス