スポーツ

東江4点、24年ぶりの扉開いた! 世界ハンドで日本が1次リーグ突破「勝ち重ねる」

アンゴラ戦でシュートを放つ東江=アレクサンドリア(田口有史/JHA提供・共同)

 エジプトで行われているハンドボール男子の世界選手権で19日、1次リーグC組最終戦に臨んだ日本はアンゴラに30―29で競り勝ち、1勝1分け1敗で2次リーグ進出を決めた。日本の1次リーグ突破は1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目。司令塔の東江雄斗(興南高―早大出、大同特殊鋼)は決勝点となる30点目を含め、4得点を挙げて勝利に貢献した。

 東江は4得点中3点が7メートルスローで「フィールド得点をもっとほしかった」と反省しながらも、接戦を制し「全員で勝ち取った勝利。成長を止めず、勝ちを重ねたい」と2次リーグを見据えた。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス