社会
新型コロナウイルス感染症

陸自隊員、サンエー従業員、沖電社員 コロナ感染確認【1月22日朝まとめ】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 陸上自衛隊は21日、那覇駐屯地に勤務する隊員3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。業務で訪れた熊本県で20日に検査を受け、陽性を確認した。同駐屯地では19日以降7人が感染している。
 今回の3人は、20日以前の4人と濃厚接触者か、業務上の接点があった。陸自は接点があった隊員の検査や隔離を行うなど警戒を強めている。
 感染が確認されたのは20代2人と50代1人。3人とも熊本県内の医療機関に入院中で、うち2人は発熱があるという。保健所などからクラスターの認定はされていない。

 サンエーは21日、那覇市の「V21 食品館石嶺店」に勤務する従業員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。従業員に濃厚接触者はいない。既に店内の消毒を終え、通常通り営業している。

 沖縄電力は21日、本店勤務の社員1人と八重山支店勤務の社員1人が感染したと発表した。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス