経済
沖縄経済ニュース

オリオンビールが「ハードセルツァー」3月発売へ 米国で市場急成長のアルコール入り炭酸水

オリオンビール本社=豊見城市豊崎

 オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳社長)が、3月下旬に新たなジャンルのブランドとして、フルーツの風味が付いたアルコール入り炭酸水「ハードセルツァー」を発売することが分かった。アルコール度数は2%と低めの設定で、糖類を用いず、甘味を抑えたジャンル。20~30代の、特に男性をメインターゲットとしている。

 ハードセルツァーは近年、健康志向を捉えて米国などで拡大している。関係者によると、国内大手酒造メーカーでは、オリオンビールが初めて手掛けるという。

 オリオンは、シークヮーサーなど3種類を3月下旬に発売する。県産月桃などを原料としたエキスを使用することで、飲みやすさと本格感の両立を図る。酒販店などには、想定販売価格として1本当たり税別180~199円程度を提案しているという。

 早瀬社長は3日の初荷式で、新たなカテゴリーの新ブランドを展開する方針を表明し、「酒類販売全体が減少傾向にあるが、若い人を含め、新しい需要を取りにいく」と話していた。

 セルツァー(Seltzer)は、英語で炭酸水を意味する。サトウキビ由来のアルコールを用いたハードセルツァーは、低カロリーで、食物アレルギーの原因物質でもあるタンパク質の一種、グルテンを含まない。

 米国では2019年の市場規模が前年比3倍以上に急成長しているという。世界的なビールブランドのほか、米コカ・コーラも昨年9月、同ジャンル商品で38年ぶりにアルコール事業に再参入することを発表している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス