地域

無農薬サトウキビの「純黒糖」いかが? 昔ながらの味わい 大宜味村の共同売店で販売

商品をPRする共同売店オーナーの山上晶子さん=大宜味村田嘉里区の田嘉里共同売店

 【大宜味】大宜味村田嘉里区にある田嘉里共同売店で、村内の無農薬サトウキビ栽培「ノイベナ農園」(稲福智裕代表)の新商品「ティーダ黒糖」の販売を7日から始めた。

 ノイベナ農園では初の加工商品化で、同農園のサトウキビの糖度は冬場が19度以上で、夏場でも17度以上と年間を通して高いのが特徴。稲福代表は「昔ながらの味わいの純黒糖。無農薬、無化学肥料で栽培された太陽と大地が作り出す自然の恵みを食べてほしい」とPRした。

 田嘉里共同売店では他にも村内のパン屋「めのられすとらん」がティーダ黒糖を使用した黒糖パンも毎週金曜日に販売している。

 共同売店オーナーの山上晶子さんは「ティーダ黒糖はサトウキビ本来の優しい味。しっかり甘みもあるので、ぜひ食べてほしい」と呼び掛けた。問い合わせは田嘉里共同売店(電話)0980(44)3106。
 (喜納高宏通信員)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス