経済
沖縄経済ニュース

JTAとRACが来月421便を減便 沖縄関係の14路線で

 日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)は27日、2月1日~28日の期間中、沖縄関係の14路線で、計421便を減便すると発表した。新型コロナウイルスの拡大で、需要動向を鑑みた措置。

 減便の対象は、福岡、関西、中部、小松、岡山と那覇を結ぶ各便と、羽田―石垣、羽田―宮古、関西―石垣、那覇―石垣、那覇―宮古、那覇―久米島、宮古―多良間、宮古―石垣、石垣―与那国の14路線。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス