地域
沖縄経済ニュース

久米島町、コロナ影響の事業所に給付金支給 申請は3月22日まで

 【久米島】久米島町は新型コロナウイルス感染症の影響で大幅な減収となった事業所向けに、新たな支援策として経営継続を支援するための給付金の支給を始める。

 給付対象は事業開始後6カ月を経過した商工・観光業者のうち、2019年と20年の売り上げを比較して25%以上減少した事業所。法人は上限50万円、個人は同30万円。

 申請書の提出は久米島町役場商工観光課か久米島商工会で受け付ける。申請期間は3月22日午後5時まで。

 商工観光課の當間直也課長は「終息の見えないコロナ禍において、事業者の皆さまは大変厳しい経営をされている、経営継続につなげたい」と支援金の活用を呼び掛けた。

 詳細は久米島町のホームページにある。問い合わせは久米島町役場商工観光課(電話)098(985)7131。 
  (中島徹也通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス