スポーツ

県高校野球春季大会、組み合わせ決まる 九州派遣懸け55チーム 3月20日に熱戦開幕

 4月の九州大会派遣を懸けた第68回県高校野球春季大会(県高野連主催、琉球新報社共催)の組み合わせ抽選会が16日、北中城村立中央公民館で開かれ、1回戦23試合の対戦カードが決まった。大会には連合チームを含む62校55チームが出場する。

 大会は3月20日に開幕し、決勝戦は4月4日午後1時から北谷公園野球場で行う。昨年と同様に開会式は行わない。

 今大会のシードは、昨季の秋季大会4強以上で第1シードから順に沖縄尚学、沖水、与勝、興南となっている。

 具志川商が選抜大会に出場するため、秋季大会準々決勝で優勝校の沖縄尚学に敗戦した沖水が代わりのシード校となった。本大会の優勝校は、第148回九州地区高校野球大会(4月24~30日、大分県)への出場権を得る。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス