社会

琉球新報の国際女性デーオンライン企画 今年は怒濤の3本立て! 渦中のあの人も緊急出演!


 3月8日は1975年に国連が定めた「国際女性デー」です。女性への差別撤廃と女性の地位向上を訴え、世界各地でさまざまな取り組みがなされます。2021年の国際女性デーに合わせて、琉球新報デジタルでは3つのオンライン企画を開催します。

第1弾! 「女性力」取材者は何を考えているの?
YouTube生配信「『女性力』の現実 取材の現場から」



 琉球新報で好評連載中の「『女性力』の現実~政治と行政の今」。沖縄県議会議員や市町村議員へのアンケート調査や取材から、なぜ女性政治家が少ないのかを浮き彫りにしています。取材から見えてきたことは?記事には書けなかった裏話は?沖縄の政治や行政分野で女性登用が進まない「壁」は何か?ジェンダー法が専門の矢野恵美・琉球大学法科大学院教授をゲストに、取材班と考えます。琉球新報の公式YouTubeで生配信しますので、誰でも無料でご覧になれます。取材班への質問も受け付けます。

【日時】2021年2月28日(日)午後1時~

【出演】矢野恵美氏(琉球大法科大学院教授)、座波幸代(琉球新報政治部記者・「『女性力』の現実」取材班キャップ)、明真南斗(琉球新報政治部記者)

琉球新報YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/ryukyushimpo

 

第2弾! 社会を変えるには?
ウェビナー「沖縄から性差別について考える #KuTooの石川優実さんを迎えて」



 二つ目の企画には、ツイートから世の中を動かした、俳優でアクティビストの石川優実さんが登場。石川さんは職場で女性のみにヒールやパンプスを義務づけるのは性差別だとして#KuToo運動を展開し、厚生労働省に署名を提出。航空業界ではJALがパンプス指定を、ANAがヒールの高さ下限をなくすなど社内規定を見直しました。英BBCが選ぶ世界の人々に影響を与えた「100Woman」にも選ばれました。石川さん自身は愛知県の出身ですが、お父様は沖縄出身という沖縄とも縁のある方です。

 第二部は琉球新報でコラム「100センチの視界から~あまはいくまはい~」を執筆中のコラムニストの伊是名夏子さんも参加し、石川さんと対談します。伊是名さんは骨の弱い障がい「骨形成不全症」で電動車いすを使用しながら、2人の子育てに奮闘しています。コラムニストとして神奈川新聞やウェブメディア「ハフポスト日本版」にも執筆するほか、各地で講演活動もしています。

 パワフルにポジティブに世の中を変えてきたお二人に、何が性差別なのか、「おかしい」と思ったことに対して声を上げること、よりよい社会に変えていくために必要なことは何か?などについてお伺いします。

【日時】2021年3月7日(日)午後2時~

【出演】石川優実氏(俳優、アクティビスト)、伊是名夏子氏(コラムニスト)、玉城江梨子(琉球新報デジタル推進局)

 こちらは有料のウェビナーとなっております。琉球新報デジタルの会員なら550円、非会員は1650円(いずれも税込み)で参加できます。琉球新報デジタルは琉球新報を宅配で定期購読している方ならずっと無料。定期購読していない方も、今なら2ヵ月無料で会員となることができます。この機会にデジタル会員へのご登録をオススメします!
 

一般参加者の参加申し込みはこちらhttp://bit.ly/2021022802

琉球新報デジタル会員の方はこちらhttp://bit.ly/2021022801

 

第3弾! あの人が緊急出演!
ウェビナー「谷口真由美さんが語る!森氏発言とスポーツ界のジェンダー平等」



 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が、女性蔑視発言の責任をとり辞任したのは記憶に新しいところです。森元会長の発言の中で具体例としてあげられたのが、日本ラグビーフットボール協会でした。そのラグビーフットボール協会の理事として、新リーグの立ち上げに奮闘しているのが、法学者でもある谷口真由美氏。その谷口氏が琉球新報の国際女性デーの取り組みに賛同し、ウェビナーに緊急出演してくれることになりました。
 渦中の人となった谷口氏が一連の問題についての受け止めやスポーツ界のジェンダー平等について語ります。
 第二部では、琉球新報「国際女性デー」企画担当者とジェンダートークを展開します。国際女性デーの夜だからこその話も聞けるかも。
  
【日時】3月8日(月)午後7時~
 
【出演】谷口真由美氏(法学者、日本ラグビーフットボール協会理事、新リーグの法人準備室室長)

 こちらも有料のウェビナーとなっております。琉球新報デジタルの会員なら550円、非会員は1650円(いずれも税込み)で参加できます。琉球新報デジタルは琉球新報を宅配で定期購読している方ならずっと無料。定期購読していない方も、今なら2ヵ月無料で会員となることができます。この機会にデジタル会員へのご登録をオススメします!

一般参加者の参加申し込みはこちらhttp://bit.ly/2021030802

琉球新報デジタル会員の方はこちらhttp://bit.ly/2021030801


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス