スポーツ
釣りへ行こう

小6が7.18キロのアカナー

2月6日、国場川で71.1センチ・7.18キロのアカナーを釣った玉寄由羅さん

 小学6年生の玉寄由羅さんは月に2回は釣りに行く釣り好き少年。6日も友達に誘われて、昼すぎから近くの国場川に釣りに出かけた。最初はルアー釣りをしたが、何も釣れなかった。午後4時からはもらったチヌの切り身を餌に、ぶっ込み釣りに切り替えた。

 午後5時にチョンチョンと竿(さお)先にアタリがあったが、魚が餌に食いつくのを待った。2分ほどで竿が大きく曲がって、リールからはすごい勢いでラインが飛び出した。タックルは初心者向けのセット竿なので、魚の走りを止めることができない。あっと言う間に150メートル巻いたリールの糸が引き出され、残りわずかとなった。ドラグを目いっぱい締め、手でスプールを押さえると、ようやく最初の走りが止まった。

 そこからは魚との一進一退の勝負。掛かった魚は右に左に走ったり、手前に寄ったり反対岸に逃げ回ったりと大暴れ。周りにはいつの間にかたくさんの見物人が集まった。必死にリールにラインを巻いては、引き出されること4回。ヒットしてから30分ほどで足元まで寄せることに成功した。しかし、まさかこんな大物が釣れると思っていなかったので、ギャフはおろか、タモ網さえ用意していなかった。その様子を見ていた通りがかりのおじさんが持ってきてくれたロープを尾に巻いて引き上げることに成功し、見物人たちから拍手が湧いた。

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


10日、前島沖で15.81キロのイヌバーを釣った島袋英光さん(アクアII)

4日、泡瀬海岸で61センチ・1.2キロのリュウキュウイケガツオを釣った與儀翔和さん


10日、那覇一文字で47センチ・1.3キロの尾長グレを釣った赤嶺太一さん

10日、那覇海岸で47センチ・1.95キロのマクブを釣った福田雄咲武さん


1月31日、石垣島北部で143センチ・38.8キロのロウニンアジを釣った川満竜二さん

7日、沖縄本島中部海岸で101センチ・14.59キロのロウニンアジと63センチ・3.23キロのタマンを釣った玉城伸一さん(S.F.J)


8日、伊計島で5.28キロのクブシミを釣った多和田真汰郎さん

14日、中城海岸で2.36キロのアオリイカを釣った上地祐也さん(チーム笛吹き隊)


12日、泡瀬海岸で54.5センチ・2.27キロのチンシラーを釣った當銘由和さん

2月9日、東浜海岸で54.5センチ・2.45キロのチンシラーを釣った野崎崇さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス