社会

那覇で今年初の夏日「カエルの卵見つけた」

汗ばむ陽気の中、水遊びをする子どもたち=23日午後3時すぎ、沖縄市の倉敷ダム(ジャン松元撮影)

 沖縄地方は23日、気圧の谷の影響で曇りの天気となったが、本島地方では青空も広がった。この日は与那国町所野で25.5度、那覇市安次嶺で25.2度、同市の沖縄気象台で25.0度と3地点で夏日となり、ともに今年最高気温を記録、4月中下旬並みの陽気となった。

 うるま市石川の倉敷ダム公園では青空の下、子どもたちが水遊びに夢中になっていた。うるま市から母親らと一緒に訪れた佐久本斉來さん(8)は「カエルの卵を見つけた」と笑顔で話した。

 沖縄気象台によると、沖縄地方は向こう一週間、気圧の谷や湿った空気の影響で曇りの日が多く、期間の前半は雨の降る日がある見込み。

汗ばむ陽気……<アルバム・きょうの沖縄2月23日>


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス