経済

琉球アスティーダスポーツクラブが東京プロマーケットに上場申請 卓球プロチーム運営

 卓球Tリーグの琉球アスティーダを運営する琉球アスティーダスポーツクラブ(中城村、早川周作代表)は26日、東京証券取引所内のプロ投資家向け市場「東京PROMarket(プロマーケット)」に新規上場を申請した。アスティーダによると、国内のプロスポーツチーム運営企業としては初めての上場申請だという。

 早川代表は「沖縄からスポーツ業界の歴史を変える強い志を持ち、夢と感動を与えるスポーツに新しい循環モデルを作り、スポーツの可能性を最大限引き出していく」と話した。地元の企業などが投資によって株主となり、アスティーダが成長することで株主配当によって利益を地元に還元していくモデルを描いている。

 アスティーダは、プロチーム運営を中心に、卓球スクール事業やヘルスケアセンター、飲食店の「スポーツバル」を県内で14店舗運営するなど、スポーツを核に幅広い事業を展開している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス