くらし

辺野古県民投票の写真展 撮影の普久原さん「歴史の1ページ振り返り、考えて」 28日まで

展示写真の説明をする普久原朝日(右)さんと来場者=26日、那覇市久茂地の那覇市民ギャラリー

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う2019年の県民投票を追った「2・24普久原朝日写真展」が那覇市久茂地の那覇市民ギャラリーで開かれている。28日まで。

 写真家の普久原朝日さん(26)=那覇市=が撮影した写真80点を展示している。友人と訪れた前城直美さん(63)=那覇市=は「自ら行動した人々がいて、投票実施につながった。世の中が動いた。一つ一つの写真に力強さを感じた」と見入っていた。

 普久原さんは「歴史の1ページとして県民投票を振り返り、当時の動きについて考えてほしい」と来場を呼び掛けた。27日は午前10時~午後7時、28日は午後5時まで。入場無料。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス