経済
沖縄経済ニュース

県の時短協力金きょう締め切り 12~1月分 那覇などの5市

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の営業時間短縮要請に応じた飲食店や遊興施設に支払われる協力金のうち、昨年12月から今年1月11日までの実施期間分の申し込みが、28日に締め切りとなる。

 28日に締め切りとなるのは、那覇市、浦添市、沖縄市の3市を対象地域とした昨年12月17~28日、同29~1月11日の要請と、宜野湾市、名護市を対象地域とした昨年12月25~1月11日の要請に対する協力金。

 26日午後6時時点で、申請受け付けは5767件、支払い済み件数は3828件で、支給率は66・4%となっている。

 申請書の様式を含む申請要項は、県のホームページ(https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/shoko/keiei/covid19/jitan1217-1228.html)から印刷できる。県庁1階守衛室前でも、28日午後5時まで備え置きしている。

 申請方法は郵送のみ。申請書の宛先は、〒901―0225、豊見城市豊崎3の37、うちなーんちゅ応援プロジェクト事務局「営業時間短縮協力金」申請受付。28日の消印まで有効。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス