教育

きょう県内の公立中学で卒業式 卒業生から在校生に贈った「栄光の架け橋」

卒業式のリハーサルで1年生を前に合唱する3年生=5日、宜野湾市立真志喜中学校

 【宜野湾】沖縄県内の公立中学校の多くで6日、卒業式が開かれる。宜野湾市立真志喜中学校(根路銘敢(つよし)校長)では5日、3年生がリハーサルとして1年生を前に卒業式で歌う歌を披露した。新型コロナウイルスの影響で行事の中止が相次ぎ、学年を超えた交流の機会もほとんどなかったため、特別に機会を設けた。

 卒業式の当日は感染対策のため、在校生は出席しない。

 体育館で行われたリハーサルでは、3年生約300人がゆずの「栄光の架橋(かけはし)」を歌い、1年生から拍手が湧き起こった。

 1年の篠原心音(みお)さん(13)は「練習の成果を聞き、感動した。私たちもまとまって頑張ることができる学年になりたい」と話した。

 3年の一色南都(なつ)さん(15)は「思い出を残せるよう、生徒と先生方が協力して頑張った。大変な1年間だったからこそ学ぶことも多かった」と語った。坂上千畝(ちうね)さん(15)は「1年生には普通に暮らせることのありがたさを感じて、(中学校生活を)有意義に過ごしてほしい」と望んだ。

 根路銘校長は「卒業生から後輩へエールを送り、たすきをつなぐ場になった」と振り返った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス