教育

全商の検定1級5種目合格 那覇商の5人が達成 「3年間必死に勉強」

全国商業高等学校協会主催の検定で1級5種目達成した那覇商業3年生の(左から)出納凪紗さん、城間妃奈さん、新城希さん、立川七海さん、山城武蔵さん(同校提供)

 那覇商業高校情報処理科の3年生5人が、全国商業高等学校協会主催の検定試験で1級の5種目合格を達成した。昨年度の1級5種目合格は1人で、5人は例年に比べても多いという。検定は珠算や電卓、簿記など最大で9種目。その中から、5人はそれぞれ得意分野の5種目の1級を取得した。

 合格したのは出納凪紗さん、城間妃奈さん、新城希さん、立川七海さん、山城武蔵さん。1日に卒業した。

 入学前から1級取得を目標にしていた出納さんは「3年間、授業や休み時間も利用して必死に取り組んだ。将来は税理士になるため、さらに勉強を頑張りたい」と語った。

 情報処理科主任の新垣了教諭は「授業のみの勉強では取得は非常に難しい。自ら目標を定め、計画的に学習することができた結果だ。後輩たちの目標や刺激になる」とねぎらった。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス