社会

那覇ハーリー、2年連続コロナで中止 GW彩る恒例行事

2019年5月の那覇ハーリーの様子。中学校対抗ハーリーで、一生懸命に爬龍船をこぐ中学生たち(田中芳撮影)

 那覇市は31日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月3~5日に那覇新港埠頭(ふとう)で開催する予定だった第47回那覇ハーリーを中止すると発表した。中止は2年連続。那覇ハーリー幹事会で「新型コロナの感染状況が見通せない現状では、参加者や来場者が安心して祭りを楽しめる環境を整えることが非常に困難」と判断し、実行委員会の書面決議で中止が決まったという。

 那覇ハーリーは、ゴールデンウイークを彩る恒例行事で、爬竜船の競漕のほか、周辺では花火やライブなども催される。代わりに5月3~5日に那覇市泊の那覇ハーリー会館で特別展示会を開催する。展示している爬竜船への乗船や写真撮影ができるという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス