経済
沖縄経済ニュース

国場組が北谷に新ホテル開業 「MBギャラリー」ムーンホテルズと共同

 国場組グループが手掛ける新たなホテルブランド「MBギャラリーチャタンbyザ・テラスホテルズ」が1日、沖縄県北谷町美浜のフィッシャリーナ地区に開業した。ザ・テラスホテルズ(名護市、国場幸伸社長)が開発し、ムーンホテルズアンドリゾーツ(恩納村、同)が運営を担う。グループの初の共同プロジェクトとなる。

 地上9階建てで客室数は88室。敷地面積は3512平方メートル。施設内は吹き抜け回廊型の建築で、多くの植物を配置している。中長期滞在でもくつろげるように、50平方メートル以上の客室を多めに設計した。国場組グループが関わるホテルは県内で8施設目となる。

 客室タイプは5種類。宿泊料金は、30平方メートルの客室(2人1室)で1人当たり1万6500円から。最も広い140平方メートルの部屋(4人1室)は1人当たり6万6千円から。オプションでホテルが所有するクルーザーでサンセットクルーズを提供するなど、優雅な過ごし方を提案する。宿泊者専用のクラブラウンジとプールも備え付けている。1階のカフェラウンジは一般客でも利用できる。


「MBギャラリーチャタンbyザ・テラスホテルズ」の客室内(ムーンホテルズアンドリゾーツ提供)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス