政治

宮古島市長が陸自弾薬庫を視察「安全性の根拠を」

沖縄防衛局職員や陸上自衛隊員から弾薬庫について説明を受ける座喜味一幸市長(中央)=7日午後、宮古島市城辺保良の陸上自衛隊「保良訓練場」

 【宮古島】沖縄防衛局が整備を進める陸上自衛隊「保良訓練場」(市城辺保良)の弾薬庫の一部工事完了を巡り、座喜味一幸市長は7日、保良訓練場と陸自宮古島駐屯地(市上野野原)を視察した。弾薬庫やミサイル部隊の車両、排水処理施設など同局職員や駐屯地司令から説明を受けた。座喜味市長は視察後、報道陣の取材に「全体像がある程度把握できた。弾薬庫の安全性について科学的根拠に基づく報告を求めた」と話した。防衛局は「検討する」と回答したという。

 座喜味市長は「住民が最も不安に感じているのは安全性だ」と強調し「担保するために事故発生など緊急時のシミュレーションをした上での科学的根拠に基づく報告が必要だ」と述べた。市民が不安視する地下水保全などの環境問題については「環境対策はなされていると感じた」とした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス