社会

北部訓練場跡で砲弾の薬きょう見つかる 県道から数十メートルの場所

北部訓練場の返還地で見つかった砲弾の薬きょう=6日、東村高江

 【東】1993年に返還された東村高江の米軍北部訓練場跡地から、米軍のものとみられる砲弾の薬きょうが見つかった。チョウ類研究者の宮城秋乃さんが7日までに発見した。宮城さんによると、同訓練場ではこれまでに銃弾の空砲などが確認されているが、砲弾の薬きょうが見つかるのは初めて。

 現場は県道20号から数十メートル入った茂みの中。周囲には米軍が使用したとみられる弾薬を入れる箱やバッテリー、瓶、缶詰などの廃棄物も確認された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス