社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

65歳以上のワクチン接種始まる 宮古島市で35人に 「早く打ってもらい安心」

宮古島市内の高齢者施設でワクチン接種を受ける高齢者=12日午後(代表撮影)

 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日、県内では宮古島市を皮切りに始まった。市内2カ所の高齢者施設で35人が接種を受けた。市は高齢者施設利用者に優先接種する方針で、22日までに保管する1箱(195瓶=約975回分)を接種する。

 接種されたワクチンは米製薬大手ファイザー社製。市によると26日の週に第2便が到着予定で、市内の高齢者施設利用者の約千人は今月中に接種が完了する見込み。その他の高齢者約1万5600人は5月中旬以降になる見通し。市の担当者は配布した接種券の保管を呼び掛けている。

 下地来間(来間島)の高齢者施設「グループホーム来間」では12日、同施設を運営する下地診療所の打出啓二院長が全入所者9人と65歳以上の職員2人に接種した。一人一人、問診票を基に体調を確認して注射した。90代の女性は「早く打ってもらえてありがたい。安心して施設も利用できる」と話した。

 県内ではうるま市の津堅島で15日、全住民を対象とした一斉接種が予定されている。今週、19日の週には10箱ずつが到着して各市町村に振り分けられる。5月上旬をめどに全市町村で接種を始め、6月中に高齢者32万人分のワクチン配布を完了する見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス