経済
沖縄経済ニュース

沖縄の観光客、4月は60%減の34万560人 19年比 修学旅行キャンセルも

沖縄ツーリズム産業団体協議会の意見交換会であいさつする沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長=13日、那覇市の沖縄産業支援センター

 観光関連団体などでつくる沖縄ツーリズム産業団体協議会は13日、那覇市の沖縄産業支援センターで意見交換会を開いた。沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は、入域観光客数の見通しとして、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年度と比較して4月は60%減の34万560人、5月は55%減の37万5705人と発表した。OCVBの目標値に届かない見通しという。12日から、本島内の9市にまん延防止等重点措置が適用されたことから、今後さらなる落ち込みが懸念されている。

 県内ホテルの予約状況は、19年度比で4月は64・2%減、5月は58・4%減。3月後半以降の感染の急拡大により、10~15%程度落ち込んでいるという。

 3月の時点では、4~6月に県外から修学旅行で沖縄を訪れる学校は約450校の予定だったが、キャンセルが生じているという。担当者は「ウェブサイトなどで沖縄の修学旅行の防疫状況について発信していく。学校や保護者に説明を求められれば丁寧に対応したい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス