政治
うるま市長選挙 4・25

うるま市長選が告示 中村、照屋氏の一騎打ちが確定

うるま市長選に立候補を届け出た中村正人氏(左)と照屋寛之氏

 【うるま】任期満了に伴ううるま市長選が18日、告示された。前市議の中村正人氏(56)=自民、公明、会派おきなわ、無所属の会推薦=と、沖縄国際大名誉教授の照屋寛之氏(68)=共産、立民、社民、社大、新しい風・にぬふぁぶし推薦=が立候補を届け出た。2人以外に届け出はなく、新人2氏の一騎打ちの構図が確定した。25日投開票される。

 中村氏と照屋氏は18日午前、市みどり町でそれぞれ出陣式・出発式を開いた。

 中村氏は出陣式で「未来に向かって市長のバトンを受け継ぎ、市民と寄り添い、現場主義でうるま市を築き上げる。市民の命と暮らしを守る」と述べた。

 照屋氏は出発式で「今日の太陽のようにうるま市を輝かせたい。行政の主人公は市民だ。うるま市を変えてみせる。ぬちかじり頑張る覚悟だ」と述べた。

 島袋俊夫市長が今期限りで退任するため、市政の継承か刷新かを問う選挙となる。主な争点は、新型コロナウイルス感染症対策や経済振興、雇用問題、教育・子育て支援など。

 市議補選(欠員1)も告示された。市長選と同じ25日に投開票される。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス