社会

猛烈な台風2号、週の後半に沖縄接近か【4月19日午前】

19日午前9時現在の台風2号経路図(気象庁ホームページから)

19日午前9時半現在の台風2号(ひまわり8号リアルタイムWebから)

 猛烈な台風2号は19日午前9時現在、暴風域を伴いながらフィリピンの東の海上をゆっくりとした速さで北西へ進んでいる。

 中心の気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートル。中心から半径165キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。
 今後は進路を北に変えながら、23日には「強い勢力」となって沖縄の南の海上に達し、北東に進む見込み。

 沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い波が高くなっている。八重山地方では19日夕方からしけ始め、沖縄本島や宮古島、大東島地方でも20日は次第にうねりを伴いしける見込み。
 沖縄気象台は、海上や海岸付近ではうねりを伴う高波に注意を呼び掛けている。


【関連記事】

▼気になる台風ネーム、どうやって決めている?

▼台風襲来!そのとき沖縄県民は…居酒屋で「ヘクトパスカル」、ソーミンチャンプルーでステイホーム 

▼沖縄の台風勢力のバロメーター!? ユニオンに台風接近時の営業判断を聞いてみた



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス