経済
沖縄経済ニュース

命名「ポコット」と「ジュワリー」 沖縄県産パインにJAが商標登録へ

 JAおきなわは、県産パインのボゴール種を「ポコットパイン」、ハワイ種(N種)を「ジュワリーパイン」と名付け、商標の登録に取り組んでいる。新名称で知名度向上やブランドの確立を目指す。

 県内のパイン生産は2種が主力品種になっている。「ポコット」は手でもぎ取って食べられるイメージを名前にし、「ジュワリー」は豊富な果汁量と宝石(ジュエリー)のような果肉のイメージから名付けた。12日付で特許庁に商標登録を申請した。

 24、25日にJAおきなわファーマーズ全11店で「新商品名フェア」を催し、ポコットパインを販売する。SNSを使ったPRや、ポスター掲示によるパインの切り方紹介などもある。

 JAおきなわの担当者は「今年の県産パインも出来が良い。ぜひ子どもたちにも味わってほしい」と話した。


「ポコットパイン」で商標登録を申請しているボゴール種(JAおきなわ提供)

「ジュワリーパイン」で商標登録を申請しているハワイ(N種)(JAおきなわ提供)


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス