スポーツ

比嘉大吾3年ぶり故郷沖縄で試合 きょう初防衛戦 計量一発クリアで意欲

WBOアジアパシフィックバンタム級王者防衛戦の前日計量に臨む比嘉大吾(右)と挑戦者の西田凌佑=23日(提供)

 世界ボクシング機構(WBO)アジアパシフィックバンタム級王者の比嘉大吾=浦添市出身、宮古工高出、Ambition=は24日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで同王座初の防衛戦を行う。

 23日、対戦相手の日本スーパーバンタム級5位の西田凌佑(六島)と前日計量に臨み、ともにリミットの53・5キロで一発クリアした。計量後、オンラインで会見した比嘉は「しっかりKOで勝っていく」と意気込みを語った。

 沖縄での試合は、世界王座を守った2018年2月のWBCフライ級防衛戦以来、3年ぶり。有観客での試合ということもあり「身近な人も応援に来るので、地元でしっかりと勝ちたい」と闘志をみなぎらせた。午後2時30分開始で全4試合を予定。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス