政治
うるま市長選挙 4・25

【速報】うるま市長選 新人中村氏が当確 市政の継承掲げ

中村正人氏

 【うるま】任期満了に伴ううるま市長選が25日投開票され、無所属新人で前市議の中村正人氏(56)=自民、公明、会派おきなわ、無所属の会推薦=が、無所属新人で沖縄国際大名誉教授の照屋寛之氏(68)=共産、立民、社民、社大、新しい風・にぬふぁぶし推薦=を破り、初当選を確実にした。

 選挙戦は3期12年務めた島袋俊夫市長の市政継承か刷新かが最大の争点だった。有権者は継承を選んだ格好だ。新型コロナウイルス感染症対策や経済振興、雇用対策、教育・子育て支援なども争点となった。


 中村氏は選挙戦で、新型コロナ対策について「PCR検査希望者への支援を行い、ワクチン接種体制を確立する」と述べた。経済振興策では「沖縄自動車道から海中道路まで地域高規格道路を整備する」と打ち出し、これらの政策が支持につながった。

 一方で照屋氏は、市長給与50%カットや学校給食費の段階的無償化、高校卒業までの子ども医療費の無償化などを掲げたが、及ばなかった。

 投票率は55.49%で、前回2017年に比べて5.21ポイント下回り、2005年のうるま市誕生以来、過去最低となった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス