社会

草むらに頭蓋骨、男性遺体か 嘉手納署が復顔公開し情報求める 読谷

 嘉手納署は28日、沖縄県読谷村座喜味の私有地で2020年1月26日、身元不明の白骨化した遺体の一部が発見されたと発表した。

 嘉手納署によると、遺体の一部は草木が生い茂った地面にあった。下顎のない頭蓋骨のみで、周囲から胴体などは確認されなかった。推定年齢は50代以上で、男性という。付近に着衣や所持品は見当たらず、身元の特定に至っていない。同署は県警のホームページで遺体の復顔を公開し、身元の情報を求めている。

 情報提供は嘉手納署(電話)098(956)0110。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス