社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄コロナ、新規感染者数は減少傾向でも 病床占有率は97%に上昇

 沖縄県内の新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあるが、2日時点で入院中の患者は前日比13人増の426人、療養者数は12人減の1141人、病床占有率は4.6ポイント上昇し97.0%に達し、医療提供体制は引き続き逼迫(ひっぱく)している。

 2日時点の累計感染者数は1万2625人。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は34.21人で全国7位だった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス