地域

カバの汗はなぜ赤い?動物の不思議を紹介<おうちでうちなーバーチャル観光>中

カバの魅力など、動画で発信する沖縄こどもの国の飼育員ら=4月30日、沖縄市の同園

 沖縄市の沖縄こどもの国は5日まで、「ズージアムライブ」と題して毎日午前と午後に動画をユーチューブでライブ配信する。外出自粛をする子どもたちに向けて、科学実験ショーや動物の生態を紹介する。1日は「ふしぎ!カバの汗!」をテーマにカバの汗が赤色に見える理由を、教育普及担当の金尾由恵さんと、カバ担当飼育員の宮城豊英さんが説明した。連休中は著名ユーチューバー「ハイサイ探偵団」とのコラボ企画で発信する。

 2020年度のこどもの国の来場者は、新型コロナウイルスの影響で前年度比約4割減と厳しい状況だった。一方、コロナ禍を機に始めた動画配信は好評を得た。「なじみの飼育員が変装したら動物は気付くか」「水中でシャボン玉を作る」などユニークなテーマで発信。人気を博している。昨年春は休園に追い込まれたが、今年のゴールデンウイークはコロナ対策をしながら通常営業とし、オンライン企画を強化する。

 こども未来課の呉屋博典課長は「来場できなくても施設や動物の魅力を知ってもらい、園の役割を果たしていきたい」と話す。

<一口メモ>

 沖縄こどもの国 1970年開園。動物園と科学館を併設。ゾウやキリンなど150種の動物がいる。近年は琉球弧の生き物の飼育に力を入れている。ユーチューブチャンネルは、スマートフォンなどで「こどもの国 動画」で検索すると見ることができる。

 (島袋良太、石井恵理菜)

 


 新型コロナウイルスにより、今年の大型連休も「ステイホーム」を余儀なくされている。そんな中、県内の観光施設は密を避けるためインターネットを活用したオンラインツアーなどを展開。家にいながら楽しめる観光施設を紹介する。

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス