地域
沖縄からSDGs

持続可能な島実現へ 多良間村がSDGs宣言まとめる

17ゴールを周知するポスターを制作した村民ら=3月28日、多良間村

 【多良間】持続可能な島実現へ。多良間村はこのほど、村独自の「SDGs17ゴール宣言」をまとめた。村のSDGs環境未来推進事業の一環。100年後の多良間島を見据えて住民参加型の取り組みで課題を抽出し、ビジョンを描くとともに次世代を担うリーダーを育成し、主体性のあるコミュニティー形成実現を目指す。

 ゴール宣言をまとめるに当たり、約6カ月かけて村在住の30~40代の男女10人が意見交換を重ねた。役場職員の研修や、女性限定、中学生限定などさまざまなワークショップも通じて島の実情に応じた問題解決策を探った。

 「手を差し伸べて、助け合いと優しさのあふれる島を大切にしよう」「柔軟な考えを持ち、女性も輝ける平等な島に」「働き方の多様性を知り、新しい多良間らしさを見つけよう」など17のゴールを決めた。

 17ゴール宣言を周知するポスターも作成され、村内至る所で張り出されている。

 ワークショップなど講師を務めたSDGs未来ラボ代表理事の阿部昭彦さんは「とても楽しそうに取り組んでいた。仲間を巻き込むには楽しさを共有することが大切。島のポテンシャルを感じた。ポスターを見たときには感動した」と話した。

(清村めぐみ通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス