社会

民家侵入容疑で米兵2人を逮捕 職質応じず逃走 那覇署

那覇署

 那覇署は9日、沖縄県那覇市松尾の民家敷地内に入ったとして、自称キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊上等兵(22)、自称キャンプ・フォスター所属の米海兵隊伍長(20)の両容疑者を住居侵入容疑で現行犯逮捕した。同署によると、上等兵は容疑を認めているが、伍長は黙秘しているという。

 逮捕容疑は9日午前3時14分ごろ、正当な理由がないにも関わらず、那覇市松尾の民家敷地内に立ち入った疑い。那覇署によると、近隣住民の騒音苦情の訴えを受けて、警察官が現場に到着すると、両容疑者は職務質問に応じずに逃走。逃走中に民家敷地内に侵入したという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス