社会

一般廃棄物の直接持ち込みを休止へ 那覇・南風原クリーンセンター 11月30まで

那覇・南風原クリーンセンター

 那覇・南風原クリーンセンターは18日、燃えないごみと粗大ごみなど一般廃棄物の直接持ち込みを24日から中止すると発表した。11月30日まで。各家庭からの通常収集はこれまで通り実施する。

 2月、小型家電の分別に使用する低速破砕機が故障。以降は職員が手作業で解体していた。持ち込まれるごみの仮置きのため、臨時集積場の拡大などで対応していたが、処理が追いつかず、中止を決めた。

 砕くことができないような固い物質が破砕機に混入し、故障したとみられる。2月に発注をかけたが、施設ごとに仕様が異なるため、再設置は9月末を見込む。その後は仮置きしているごみを先に処理するため、一般の持ち込みは12月以降の受け入れを予定している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス