社会

辺野古で「地鳴りのようなすごい音」 集落内を米軍車両が走行

名護市の辺野古集落内を走行する米軍車両=18日午前10時ごろ(水谷律子さん撮影)

 【名護】沖縄県名護市辺野古の集落内で18日午前10時ごろ、米軍車両が走行するのを住民が目撃した。集落に隣接する米軍キャンプ・シュワブに出入りするハンビー(HMMWV、高機動多用途装輪車両)とみられる。目撃したカフェ店主の水谷律子さんは「集落内を通るのは初めて見た。ゴゴゴゴと地鳴りのようなすごい音がした」と不安がった。

 米軍車両は集落の南から、住宅が集中する西側に向けて進んでいったという。道幅は5メートルほど。辺野古に住む男性は「米軍車両が集落内を走るのは聞いたことがない」と話した。水谷さんは「好き勝手に集落内を走行していいのか。こんなことがあってはいけない」と憤った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス