スポーツ

沖縄県中学総体は予定通り実施 八重山は日程を延期、全て無観客

 沖縄県中学校体育連盟は25日までに、県総合体育大会の開催方針をまとめた。八重山地区の日程を延期し、その他5地区(国頭、中頭、那覇、島尻、宮古)は予定通り実施する。いずれも無観客で行う。各地区大会後の6月下旬から7月にかけて開催する県大会も予定通りの日程で実施となる。緊急事態宣言が6月20日まで沖縄全域に適用されることを受けての措置。

 八重山地区は当初の日程を延期し6月26、27日、7月3、4日に競技を行う。ただ、空手は6月26日に県大会が先行開催されるため例外的に6月19日に実施する。石垣市で新型コロナウイルスの感染者が急増していることから、市側から中止か延期にしてほしいとの要請があった。これを受け、八重山地区中体連は24日に役員会を開き、延期して実施することを決めた。当初予定では5月29、30、6月5、6日開催だった。

 県大会は先行競技の空手が6月にあり、7月にその他の競技を予定。7月22~24日にサッカーやハンドボール、軟式野球などを集中開催する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス