政治

沖縄県の大規模接種 「積極的に支援」 河野沖縄担当相

 河野太郎沖縄担当相は28日の閣議後会見で、県が新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場の設置を求めている点に触れ「支援は積極的にやってまいりたい」と述べた。

玉城デニー知事は27日、内閣府の岡下昌平政務官と面談し、政府主体のワクチン大規模接種会場の設置を要望した。

 河野氏は記者団から「設置を考える状況か」と問われ、「玉城知事からさまざまなワクチンに関する要望をいただいている。沖縄県が大規模接種会場を設置することに対する支援は積極的にやってまいりたい」と話した。また、接種を希望する全市町村への拡大方針を新たに示した米モデルナ製ワクチンについても、「供給をしっかりやっていきたい」とした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス