社会

陸自、宮古島で空砲訓練 保良 夜間に射撃音、住民抗議

陸上自衛隊の「保良訓練場」=2021年4月

 宮古島市城辺保良の陸上自衛隊「保良訓練場」内で、5月24、25の両日に空砲射撃訓練などが行われた。住民が録画した映像をミサイル・弾薬庫反対住民の会(下地博盛代表)が公開した。同会によると防衛省は「騒音や振動を伴うような屋外訓練はない」と住民に説明していた。

  住民の会によると、24日は午後8~10時にかけて保良訓練場内から機関銃のような射撃音が断続的に響いた。25日午前11時ごろには場内から大きな爆発音が響いた後に色付きの煙が上がる様子を確認した。
 
 下地代表は訓練について「建設中の射撃場内でやるものと理解していた」と指摘。「暗い中、屋外で行われた。今後もいつあるか分からず住民は不安だ。今後、日常的にやるなら許せない」と話した。
 
 住民らは1日、市役所に座喜味一幸市長を訪ね、防衛局に抗議するよう文書で要請した。座喜味市長は「市民に不安が生まれる。防衛局に厳しく申し入れる」と答えた。
 
 24日の訓練について、陸自宮古島駐屯地は取材に「射撃はしていないが空砲を使用した訓練をした」と回答した。25日は「発光、発煙する資材を用いた」とした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス