スポーツ

九州総体のバスケ、ハンド、登山は中止 コロナ感染拡大でスタッフ移動困難

 九州高校体育連盟は2日までに、6~7月に九州・沖縄各県で開催される九州高校総体約30競技のうち、バスケットボール(18~20日、熊本県)とハンドボール(18~20日、佐賀県)、登山(7月2~5日、佐賀県)の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で選手やスタッフの移動が困難な点や、3競技とも全国高校総体の予選を兼ねていないことなどから、開催県の高体連や九州高体連が協議し判断した。

 県高体連によると、全国高校総体の予選が懸かる陸上や水球などそのほかの競技は2日時点で開催を予定している。今年は県内でサッカーとフェンシング、なぎなた、ホッケーの4競技が実施され、現時点での日程や開催場所に変更はない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス