スポーツ

FC琉球、終了直前に先制したが…秋田に追いつかれドロー

 サッカー明治安田J2第17節は5日、各地で行われ、FC琉球は秋田市のソユースタジアムでブラウブリッツ秋田と対戦し、1-1で引き分けた。10勝3敗4分けで勝ち点34。直前の2連敗に続き、3試合連続で勝ち星を挙げられなかった。

 前半は秋田ペースで試合が進み、失点しそうな場面もあったが、0-0で折り返した。後半は琉球が徐々にリズムをつかみ始め、アディショナルタイムに先制したが、直後に失点し追い付かれた。

 次戦は13日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでギラヴァンツ北九州と戦う。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、無観客開催となる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス