社会

全島エイサー2年ぶり開催へ 規模縮小しアリーナで 道ジュネーは中止

2019年の全島エイサーまつり

 【沖縄】沖縄全島エイサーまつり実行委員会は14日、第66回全島エイサーまつりを8月28日、29日の日程で開催すると発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、今回は例年より規模を縮小して沖縄アリーナで開催する。7月末の感染状況を加味して今後開催の可否を最終判断する。

 8月28日は43回沖縄市青年まつり、29日は全島エイサーまつり本祭。県の新型コロナ対策ガイドラインに沿い、入場者は沖縄アリーナの収容人数の50%以下、かつ5千人以下とする。全席無料とし、募集・抽選で入場券を発行する。募集の詳細は7月下旬にまつりの公式サイトで掲載する。

 昨年の「全島エイサー」は新型コロナの影響で中止に追い込まれた。今年は来場者の出入りを管理できる沖縄アリーナで開催する。

 一方、まつり前日の道ジュネーや花火は中止する。6月中旬から7月に予定していた「エイサーナイト2021」も中止を決めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス