社会

午前1時前に103デシベル、米軍機が離陸 北谷・砂辺を通過

12日午前1時すぎに確認された大型輸送機C17グローブマスターの飛行経路(フライトレーダー24より)

 【中部】沖縄防衛局によると、12日午前0時50分ごろ、米軍嘉手納基地から外来の地上監視機E8Cジョイント・スターズ1機と同基地所属のKC135空中給油機1機が離陸した。北谷町によると、同日午前0時48分、町砂辺で103.3デシベルの騒音が発生。未明に100デシベル以上の騒音が発生するのは珍しいという。

 また、電波受信により航空機を追跡している民間ネットワーク「フライトレーダー24」などによると、大型輸送機C17グローブマスター1機が同日午前1時すぎ、同基地を北谷町方面へ離陸し、宜野湾市の普天間飛行場の北側上空を通過した。砂辺で午前1時9分に89.6デシベル、市新城では午前1時11分、74.4デシベルの騒音が発生した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス