社会

中学生拉致殺害事件から25年 「風化させてはいけない」 支援者らが清掃活動

女子中学生を追悼する観音像などを掃除するボランティア団体のメンバーら=20日午前、国頭村(画像の一部を加工しています)

 【国頭】1996年6月、沖縄県名護市で下校中の女子中学生=当時(15)=が拉致殺害された事件から21日で25年になる。20日、国頭村内の遺体発見現場に建立された観音像には、青少年育成ボランティア団体「子ども達を守る会・花」(宮里文博会長)や県警OBら約10人が訪れ、清掃活動を実施した。命の尊さや子どもたちを守ることを伝えるため、事件の風化を防ごうとする動きも広がっている。

 観音像とその周辺は、遺族や「守る会・花」が管理、保全してきた。例年、清掃を実施している。ここ数年は、名護署なども清掃や献花をするようになった。今回は新型コロナウイルスの影響で参加はなかった。

 元警察官の菊地清栄さん(64)は「事件を風化させてはいけない」との思いで清掃に参加した。事件当時、犯行車両の捜索に当たった。5年ほど前、奥駐在所に赴任した際、観音像の存在を知り、観音像の保全に携わるようになった。妻の一美さん(62)は「被害生徒と同じ年の娘がいる。人ごととは思えない」と話した。

 「守る会・花」の宮里会長は事件当時、生徒の捜索に参加し、観音像の建立に尽力した。宮里会長は「昨日のことのように覚えている。二度と同じような事件が起きてはならない」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス