政治

「民間地上空の飛行中止を」米軍ヘリ不時着で日米に抗議 沖縄県議会

うるま市津堅島への米軍機不時着への抗議決議・意見書を可決した県議ら=28日午前、那覇市の県議会

 県議会(赤嶺昇議長)は28日の6月定例会本会議で、2日に起きたうるま市津堅島での米軍ヘリ不時着に抗議し、民間地上空での米軍機飛行・訓練の中止を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。抗議決議は駐日米大使など米側、意見書は首相ら日本側宛て。

 抗議決議と意見書では、不時着現場が民家から約120メートルの距離だったことや、普天間飛行場所属機が墜落・不時着を繰り返していることを挙げている。その上で「県民の生命・財産を守る立場から、厳重に抗議する」と訴えている。具体的には①原因の徹底的究明と結果公表②民間地上空での米軍機飛行・訓練中止③米軍機の整備・保守点検体制の見直し④夜間飛行訓練制限の厳格な運用⑤日米地位協定の抜本的改定―を求めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス