社会

最大瞬間風速60メートル予想 台風6号、発達しながら先島へ(7月22日午前10時)

22日午前11時現在の気象衛星ひまわりからの画像

 気象庁によると、大型で強い台風6号は22日午前10時現在、宮古島の南南東約180キロの海上にあり、南南西にゆっくり進んでいる。台風は今後、発達しながら進路を北西に変え、24日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込み。台風の動きが遅いため、局地的に総雨量が多くなるおそれがある。

 宮古島地方と石垣島地方には暴風警報が発表されている。

 台風6号の中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域に、北側600キロ以内と南側440キロ以内では風速15メートル以上の強風域になっている。22日午後には中心の気圧が945ヘクトパスカルの非常に強い台風に発達する見込み。

 先島諸島では、24日にかけて暴風が続く見込み。台風は先島諸島にかなり接近して猛烈な風が吹き、一部の住宅が倒壊するおそれがある。沖縄本島地方では、24日にかけて非常に強い風が、大東島地方では、22日は強い風が続く見込み。

 22日に予想される最大瞬間風速は先島諸島で60メートル、沖縄本島地方と大東島地方で30メートルとなっている。

 沖縄本島地方と先島諸島の沿岸の海域は大しけとなっており、先島諸島では猛烈なしけとなっている。沖縄本島地方と先島諸島では、25日にかけて猛烈なしけや大しけが続く見込み。海上や海岸付近では、うねりを伴う高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。大東島地方では24日にかけてうねりを伴う高波に十分注意するよう呼び掛けている。


 先島諸島では24日にかけて、沖縄本島地方では23日にかけて、警報級の大雨となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス